最新情報

-2016 2.1 ホームクラリス開所
-2012.6.18 たまねぎページ更新
-2012.6.9 Oliveページ更新
-2012.12.25 公開
-Wife Marsh TownギャラリーOPEN!!
-栽培の様子や一般販売の最新情報は@SaitamaFukko でお知らせしていきます。

ソーシャルファームWife Marsh Townからのメッセージ

私たちの生産拠点である埼玉県熊谷市妻沼(めぬま)は2005年熊谷市へ合併されるまで 妻沼町という関東平野を流れる利根川のほとりに位置する人口約3万人の小さな町でした。 その”妻沼町”の漢字をそれぞれ英単語表記し"Wife Marsh Town"とネーミングしました。

-(め)-[Wife]
-(ぬま)-[Marsh]
-(まち)-[Town]

たまねぎ畑に肥料を撒く農業班

私たちは障がい者雇用を柱として地元農家、近隣NPO団体との連携により障がい者が主体となって 農業生産ができるような仕組みを考えてきました。 現在、妻沼のハウスでは水耕栽培によりサラダほうれん草を利根川を挟む畑一帯ではたまねぎの生産とこの2つを主力としています。 オリーブ事業においては100万本植樹プロジェクトの全国展開と同時にオイルへの加工、オリーブを原料とした化粧品各種の製造販売も行っております。

これから人口、産業、経済が縮小し地域の農業も廃れてゆく日本において障がい者、若年層、高齢者の様々な世代がソーシャルファーム事業を通じて繋がり、これらの社会問題の解決策につながるよう挑戦し続けます。引き続き、新しい時代に合った新しい形の農業生産システムの確立を目指し努力していきます。
今を生きるすべての人が誇りを持って働ける環境の追求と農業を通じ日本の地域活性、世界の食糧問題の解決に貢献していきます。
WIFE MARSH TOWN 一同


グリーンケア活動により新たな福祉価値の創造をめざすGC班
※ソーシャルファーム[Social Firm] とは
-社会問題を解決しながら、不毛な地を切り開いていく、楽しさいっぱいであること。
-新たな価値創造を生み出す、楽しい世界であること。
-楽しさいっぱいの社会貢献であること。
(2012.12.1@早稲田大学ソーシャルアントレプレナー研究会公開セミナーより)






会社概要> サイトの利用について >サイトマップ


Copyright(c) 2012埼玉福興株式会社All Rights Reserved.